ホーム » ポーカーのルール » オマハのルール



オマハのルール

オマハでは、各プレイヤーにホールカードが裏向きに4枚配られ、相手が見ることができます。 これが、オマハとテキサスホールデムの違いです。 ハンドが進むにつれて、5枚のコミュニティカードが表向きに配られますが、このコミュニティカードはすべてのプレイヤーが共用できます。

賭けの開始

2人のプレイヤーが、スモールブラインドおよびビッグブラインドを置くと、ハンドが開始されます。 ハンドは4回の ベットラウンド~で決まります[! [ベッティングのページへのリンク]。

4枚のホールカード配られると、最初のベットラウンドが始まります。 次に、3枚のコミュニティカードが配られます(フロップ)。 2回目のベットラウンドが始まります。 次に、4枚目のボードカードが配られます(ターン)。 3回目のベットラウンドが開始され、5枚目で最後の1枚のコミュニティカードが配られます(リバー)。 計5枚のコミュニティカードが配られて、最後の勝負が始まります。 ハンドに1人以上プレイヤーが残っている場合はショーダウンを行い、最も強いハンドのプレイヤーが勝ちとなります。

オマハのショーダウン

ショーダウンでは、以下の方法で、最も強い5枚のカードの ポーカーハンド~ができます:[! [ハンドランキングへのリンク] 2枚の手札と3枚のボードカードで使って、一番強いハンドを作る。 これが、オマハとテキサスホールデムとの最大の違いです。 オマハを始めるとすぐ忘れます。 例えば、あなたがハートのエースを持っていて、ボードに4枚のハートがある場合、フラッシュにはなりません! エースでハンドを作る場合は、ハートがもう1枚必要です。 あなたが9を3枚持っていて、4枚目の9がボードに配られた場合、ハンドで使える9は2枚しかないため、フォーカードではなく、スリーカードが作れます。